サヨリ釣り名人を取材しました

サヨリ釣り名人を取材しました

海信です。

7月13日は岸和田一文字へエビ撒き釣りとタコ釣りの二本立てに釣行しましたが、完封負けのボーズを食らってしまいました。(^_^;)

僕は釣りのサイトで仕事をしている手前、完封負けのボーズでもナンか持って帰らないといけないわけで、「どうしようか・・・」と思っていたら、片岡釣りエサ店にこの界隈でNO1と言われるサヨリ釣り名人が来られて、片岡釣りエサ店のご主人から紹介されました。

サヨリ釣りはファミリーフィッシングで非常に人気に高い釣りですが、釣りの難度でいえば低いほうでしょう。

なので僕の興味の対象でもなかったですが、名人と話をして、「この人は、ちょっと違うかも・・・」と感じたので、釣りを見せてもらうことにしましたが、10分ほど見て、「これは当ブログで紹介させて欲しい」と思って、取材を申し入れました。

「顔は出すな・・・」ってことだったので(名前も教えてくれませんでした・・・笑)、写真では向こう向いてますが、簡単なサヨリ釣りでも、その奥の深さが垣間見える釣りをされてます。僕はこういう人、かなり好きです・・・(^_^)

image221.jpg
(この日は食いが渋かったので、回りもそんなに釣れてませんでしたが、名人は、気配を読みきって誘いをかけたり、キラッと光る技を見せてくれました)

サヨリ釣り名人の装備と仕掛け

サヨリ釣りは、特別な釣り道具が必要かどうかと言うと、専用の仕掛けがあれば事は足ります。

エサは、マキエがアミエビで、サシエサはマキエのアミエビの中から取れますが、チョット小さいのでサシエ専用のアミエビ(サシアミ)とかオキアミのSサイズとかでも良いとの事でした。(ちなみに、名人はマキエのアミエビの中から形の良い物を選んで刺してました)

image223.jpg
(仕掛けの説明をしてくれる名人。色々な裏技が垣間見れて面白い・・・)

名人の基本仕掛けは以下の図のようになってました。

image07.gif
(「作るのはかなり面倒なので、フィッシングマックスに専用仕掛けが売っているので、それで十分」(名人)との事でしたが、カゴからサルカンまでがPEラインってのが一工夫でしょうか?ラインの劣化が遅いし、アタリウキの固定もしやすいと見えました)

取材日はサヨリの型が小さかった(15cm~20cm程度)だったので、こういう日はハリスは0.8号で十分だそうです。

日によって、30cmクラスの大型が回る場合は、ハリスを1号にしないと0.8号は2本程度釣ったら、3本目からは切れやすくなるとの事でした。

とにかく、数を取るのがこの釣りの醍醐味なので、手返しをどのくらいスムーズに素早くやるかがキモと思います。

使用するロッドは、普通に考えれば「何でもイイ・・・」なんですが、そこも名人はこだわりを持ってました。

チヌ竿(フカセ釣りタイプのもの)で、長さは3.9mくらいのものが良いとの事で、穂先は、少し短くして硬くしてあるって事でした。

サヨリは掛かると独特の動きをしますが、この動きのために針が外れやすいです。柔らかいチヌ竿を使用して、ロッドの弾力でサヨリの独特の動きも吸収してしまうことで針ハズレを少なくするのが良いとの事です。

リールは通常の小型のスピニングリール。道糸については、名人は特に何も言わなかったですが、僕が見た感じでは、上物用のフロートタイプの道糸が段取りが良さそうと見えました。

号数は2号を使用しておけば、仕掛けの投入もスムーズだし、劣化による強度不足の心配も無いと思いました。

釣り方

専用のマキエカゴにマエキを詰めて、サシエをつけて放り込むだけですが、仕掛けは2本針も有力で、外れやすいサシエをつけているので、二本針にしておく方が、釣れる確立は上がります。

image225.jpg
(当然、スプーンなどのマキエを詰める道具があった方が良いです・・・笑)

狙うタナはほとんどトップなので、サヨリが近くに来ると、バシャっとはねますから直ぐに解ります。

アタリは、ウキが横に走るのが一般的でしょう。近くでバシャっとやったら、少し、道糸を張るなどの誘いを入れてやるのも効果的で、名人は、卦があると見たら、ひっきりなしに誘いを入れて、卦が無いと見るや、オブザーバーと談笑に花を咲かせてました。(気配が見えるところが非凡でしょう・・・)

まあ、僕も、防波堤の釣りはかなり竿が触れる人なので解るんですが、アタリが来る前って大体解るんですね。

このタイミングに集中力を高めようと思うと、卦の無いときは世間話でもしている方が良いわけで、エビ撒き釣りにうるさい僕が見て「サヨリ釣りも同じような感じ・・・」と見えました。

場所は?

名人がよくサヨリ釣りにやってくるのは、泉大津汐見埠頭の砂上げ場と言う地方(じかた)のポイントです。

車が横付けで釣りが出来るし、近くにはフィッシングマックスの泉大津店があります。

image224.jpg
(非常に手軽なので、一般のアングラーさんも、たくさん来られてました)

image222.jpg
(名人は「このサイズのサヨリじゃ物足りない」ってことですが、一夜干しにしても、大きなものはお刺し身にしても、美味しくいただけます)

名人のサヨリ釣りを見て、ちょっと僕もやってみようかしら?って思いました。

ちなみに、僕はサヨリ釣りがメチャクチャ苦手だったりします・・・(^_^;)
(針ハズレばっかり・・・汗)

まあ、コツも解ったし、一回くらい入れ食いにして見せます・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2012年7月16日

カテゴリー:波止釣り