グレの酒蒸しに挑戦!

グレの酒蒸しに挑戦!

悪っちゃんです。

前回に引き続き、師匠から頂いた獲物、グレ(メジナ)の酒蒸にチャレンジ!

通常グレは、普段は下魚扱い。特に口太グレは尾長グレほど美味しくはないと不評です。

確かに、鯛ほどの身に味があるワケでもなく、新鮮なうちはさほど香りもせず、強いて言うなら、皮に珍味なるエッセンスが顕著で、釣人も敢えて食するのならグレの皮の湯引きが有名です。

2011-03-17.jpg

口太グレは白子とキモが美味い

実はこの時期の大型には白子がタップリの可能性が大!白子とキモは知る人ぞ知る、グレの皮湯引き以上に美味なる恩恵。かつて、報告させていただきましたが、再度のご報告。

白子は臓物のやや真ん中上方に、白くて細長い塊として簡単に見分けが着きますので、他の臓物と指先で丁寧に切り離します。

そして、キモ。

キモは、胸鰭の根元に出刃を刺して、頭を落す際、注意しないと一緒に切り落としてしまう位置にあります。

キモは色も形も鳥によく似ていますので、これも判断は簡単。個体により少々濃淡がありますが、味的にはそれ程の変化は感じられません。

これらを、キレイに臓物から切り離して、血液や余分な付着物を丁寧に取り除き、乾いた布巾やペーパータオルで水気を取り除きます。

ごま油と塩少々をキモに添えて、生で食します。口の中で、キモ独特の濃厚な風味が広がり、ごま油の香ばしさと塩味が正しく酒のアテにピッタリの逸品に。

グレ(メジナ)の酒蒸に挑戦

3枚に下ろしたグレの皮に切り目を入れて、塩を少々降ります。その前に、余分な水分は布巾などで取り除いておきます。

オーブンレンジに入れても大丈夫な皿にその身を乗せて、酒を身の上に降りかけ、生姜とネギを写真程度の大きさに切ってバラ撒き、蒸し器で蒸すこと10分程度で完成です。

早速食してみて、口太グレの調理方法として酒蒸は、最適な部類だと感じました。

身の味が浮き立ち脂分の風味も増して、刺し身では感じられない旨みが蒸される事でハッキリします。その身は口に入れるとたちまちトロけて無くなってしまいます。皮もトロトロでコレマタ珍味!歯応えに欠けますが、それをしてもこの味なら料金取れますね。

決して下魚扱いされない、立派なご馳走に変身します。驚くほどの脂の旨みでその身は満たされていました。

2011-03-18.jpg

もう一匹のご馳走、鷹ノ羽鯛!

例によって、塩を降って後は何もせずに丸焼き

前回のグレ一夜干しなら、身の弾力を味わう事ができ、脂の乗った身の旨さを求めるのなら、今回の酒蒸がオススメ。どちらもグレの微かな身の味を引き出す調理法と申せます。

しかし、調理の方法でこの魚グレ(メジナ)は、バリエーションに富んだ食味を提供してくれる、そんな印象を残してくれる魚です。釣って善し、そして調理を楽しませてくれる魚 >゜))))彡 ではないでしょうか。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年3月13日

カテゴリー:お友達@かいしんげきWS