串本の沖釣り・メジロ好調

串本の沖釣り・メジロ好調

10月4日、5日、6日の日程で、串本大島の大島フィッシングに、ブリ、メジロを狙って3日間の釣行をしてきました。

先週までは、須江の湾内の掛かりでメジロを中心にブリクラスも混じってよく釣れていましたが、今週に入って湾外の出雲崎の双子沖辺りでも爆釣のようです。串本の釣り船が多数確認できたし、各釣船の釣果状況をウェブで確認しても、一船で4、50本が平均釣果のようです。

この釣りは、多人数でマキエをガンガン利かせるのがコツ。釣り方は、お祭りを防止するためにも、電動リールで一気に巻き上げの強引なやり取りがキモで、時合に釣れるだけ釣ってしまうような釣りです。

個人的に、釣りとしては完全フカセで1匹ずつ釣る方が面白いとは思いますが、しばらく、串本流のブリ、メジロの数釣りも勉強して研究材料にしたいし、回数を重ねるうちに、気づきもあれば、天秤の釣りの手返しの練習などにもなって、良い事がたくさんあることに気づきました。

と言うわけで、メジロが食っている間は、しばらくは、この釣りをやっていこうと思います。

001.jpg
(6日の釣果ですが、5日に釣ったものも混じってます。この二日間は、メジロが合計32本で、ブリクラスは出なかったですが、80㎝くらいの個体で太っているものは非常に味が良いです。今回釣ったものは、串本の居酒屋に持ち込んでしゃぶしゃぶにして頂きました。美味しかったです。笑)

4日の釣りではブリクラスが混じりました

ブリ、メジロの釣りでは、どうしても、「1m」とか「10キロ」にこだわりたいですが、このターゲットはグレなどと同様に、「中小型の数釣りの延長で大型を掛けたときにバラさないのがキモになる」と、僕は考えてます。

実際、今回の釣行過程の中では、放流サイズの40センチくらいのツバスも混じりました。1キロ足らずから11キロくらいまで、船中で合計60本くらいの釣果があったわけですが、立派に「ブリ」を呼べるものは4本程でした。

ここ最近の傾向では、小針(ヒラマサ針の13号程度)に、小さいサシエ(サンマの短冊を小さめに付ける)、ハリスも10号程度に細くする方が得策と言う情報が一般的ですが、天邪鬼の僕は、真逆の事を試したくなる性格なので、40号ハリスにヒラマサ針の20号で、イワシエサの完全フカセも試してみました。

これには、10キロクラスが当たってきましたが、道具がゴツ過ぎて、せっかくのブリサイズも、巻き上げるだけの釣りになってしまいました。笑

(船頭推奨仕掛けは天秤仕掛けなので、別の仕掛けを入れる時は、船頭の許可が必要です)

007.jpg
(やっぱり、このサイズ。画像の小さい方でも70㎝以上はありますが、20㎝違えば、目方は3倍程度になります)

初日は、僕以外に二人ほど同船になったので、マキエの利きも良かったと見えて、メジロも数が出ました。大型のイグローに満タンの釣果で、全員ボーズはありませんでした。

006.jpg
(19本、入ってます。)

002.jpg
(10月4日の釣果。展示台に置いて、いつものポーズ。笑)

005.jpg
(展示後、さてどうやって、収納しようか・・・と、思案中の図)

6日の釣りでは、常連の米谷氏と同船

4日、5日で釣果的には十分の結果でしたが、6日は常連の米谷さんが来ると言う事で、一緒に釣りに行くことにしました。

この日は、北東から強風で、他船は出船を見合わせましたが、須江の湾内の釣りなので、北東の風なら風裏だし、予報は雨でしたが、早朝は上手い具合に雨もなかったので、「やれるところまでやってみよう」で、出船となりました。

風は結構吹いてましたが、80号とか120号のオモリが付いた仕掛けなので、釣りづらいと言う事は無いし、「雨無いし、涼しいな・・・」で、鼻歌感覚で釣りができました。笑

この日は、魚探の反応も良く、早朝から米谷さんの竿も退屈しない程度に曲がるし、こっちの竿にも適度にアタリがありました。

10キロクラスは出なかったですが、数はボチボチで、雨がぱらついてきたタイミングとクーラーに入りきらなくなったタイミングが9時だったので、これにて納竿としました。

004.jpg
(途中から、「横向きは無理」と言うことになって、差し込むように入れましたが、ここらが限界。もう一個同じクーラーがあって、10時まで出来たら2杯満タンもいけたと思いますが・・・)

003.jpg
(32本になるとかなり重いので、運搬は船頭の軽トラで。笑)

6日は雨の予報だったので、船頭と僕と米谷さんの3人で竿を2本にしたわけですが、雨がなかったので、舳先に一人回って、竿二本をトンボに出して数を狙ったら、もっと釣れたのにと思うと、ちょっと残念でした。

まあ、そんなことすると、筋肉痛になるくらい忙しいとは思いますが、せっかくのバカスカ釣れるタイミングなのに、こういうタイミングにフラフラになるまで釣りをやってないところに一種の実力の無さを感じます。

次回は9日の月曜日に行きます。二つ目の大型のイグローも準備したので、徹底的にやったろう!と、燃えています。

が・・・

経験則から、「燃えるとロクなことがない」と、ややマイナス思考・・・笑

次回も頑張ります。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2017年10月 7日

カテゴリー:沖釣り釣行レポート