2016年3月の記事一覧

うねりの古座でヒラスズキ

3月22日、23日で、和歌山の磯釣りのホームグランド、古座の藤田渡船に行ってきました。

両日共に、天気予報では高気圧が広がって快晴の予報でしたが、22日は、東からのうねりが強烈で、おまけに西からの強風で道具を入れるのが精一杯。翌日は、午前中は前日同様のうねりでしたが、昼からはベタ凪と、ワケの解らない天気でした。

「高気圧が広がっても、冬型の西高東低とは違うので、うねりが取れない」(藤田渡船・西川船頭)

春の古座は、地寄りの磯でコッパグレやノッコミのチヌ、それに、真鯛などが狙えるわけですが、地寄りの磯は足場が低いところが多いので、妙なうねりで、そういう釣りはほぼ全滅。沖磯の大箱でじっと我慢の釣りになりました。

そんな中でも、ヒラスズキを一本取りましたが、これは色々な意味で評価できる一発だったと感じています。

追記で詳述します。

003.JPG
(今回はカメラを持参するのを忘れたので、自宅に持ち帰って、料理する前の写真でごめんなさい・・・。約70cm、目方は4キロあるなしでしょう)

タグ

2016年3月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート