2014年2月の記事一覧

南紀サイズのグレがパラパラと・・・

海信です。

2月24日は、和歌山の磯釣りのホームグランド、古座の藤田渡船と訪ねました。l

前日も「グレはよく食っていた・・・」(西川船頭)らしく、期待して、沖磯のチョボに乗りましたが、まあ、「ボチボチかしら・・・」と言うような釣果でした。

一般的に言われる「南紀サイズ」ですが、だいたい30cmから37、8cmまでのサイズのことを表します。

まあ、このサイズがボチボチと食ってくるのが、和歌山のグレ釣りって事で、これでもイイんですが、やっぱりせっかく、磯釣りに行っていることだし、バキューン!とビックリするようなアタリが欲しいので、いつもいろいろとやるわけです。

最近、絶不調の僕ですから、あまり、余計なことを考えずに、「一回、シッカリとグレを狙ってみよう・・・」と決めて古座に行きましたが、潮の感じが良かったので、やっぱり昼からは、「ハリス4号で・・・」(波気もありましたからねぇ・・・)

4号ハリスをぶち切っていくような代物に出会えませんでしたが、徐々に、感じはよくなりつつあると思います。もうちょっとで、面白い釣りがまた、出来ると確信しました。

image004.jpg
(800グラム強のサイズで、いわゆる「南紀サイズのグレ)でした。このサイズなら、もう少し数が欲しいと思います。。。)

タグ

2014年2月26日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

大苦戦中です・・・浅海のグレ釣り

海信です。

2月1日は、久しぶりに、大島フィッシングの浅海奥のカセでグレを狙ってみました。

昨年7月から始めた串本の湾内カセのグレ釣りですが、この釣りでの初めての「寒グレ」の時期になりました。

常連のベテランに「冬は厳しい・・・」と聞いてましたが、いやはや、ホンマにめちゃくちゃ厳しいです。(^_^;)

大体、夏に50に絡むデカいのが釣れて、寒の時期になると、極端に食い渋るグレって・・・、全くこっちの常識に無いわけで、どうにもこうにも、八方塞(ふさがり)です。。。

ただ、「グレは居なくなっている」わけではなく、夏から秋に掛けての攻めが通用しなくなっているだけと、僕は見てます。何とか食わせる方法があるわけで、それを、とにかく探してレポートしようと思います。

釣りのマニアである以上、少々ボーズ食らってもへこたれない気合だけは十分です。(笑)

image001.jpg
(ヒラメがイイですね。隣のカセの秋山さんの記念撮影にお邪魔しました・・・笑。画像提供大島フィッシングのウェブサイト

タグ

2014年2月 2日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート