2013年12月の記事一覧

激流の磯真鯛、何とか一発ゲットしました

海信です。

12月も後半で、いよいよ磯釣りに戻ります。夏から秋に掛けて、カセ釣りばかりしてましたが、そろそろ、磯が恋しくなってきたし、磯釣り関連の人脈も大事にしたいし・・・と言う事で、しばらくカセ釣りは3回に1回程度にしようと思います。(^_^)

この冬の磯釣りスタートなので、僕の取って置きのホームグランド、四国南西部の中泊のつばめ渡船に12月24日、25日の日程で行ってきました。

24日は風の強い日で、うねりも少しありましたが、25日はベタ凪で七十バエの「花見バエ」と言う、まあ、シモリの親分みたいな低い磯に乗ってきました。

花見バエといえば、本流釣りで真鯛や青物などを狙う釣りがメイン!久しぶりに、2号ロッドに6000番のリールで200mのラインを全部出し切る釣りを展開できました。実に気持ち良かったです。(笑)

初日の24日はクロハエに乗りましたが、2人で乗ったので、先端の本流ができる場所は、相方に譲って、僕は、胴の底物場に陣取りました。

このポイントでは、引きの潮でグレの爆釣の実績があるんですが、この日は引きの潮が緩くて、横島に向いて潮は出てくれないし、しかも、北西の風がすごくて、花見バエとの水道の半分くらいサラシで真っ白けでした。。。

「こういう状況で食いが立てば、もう、めちゃくちゃグレが釣れるのに・・・」っていう場所なんですが、今回は、グレは定休日だったらしく、15mまで入れても、サシエはそのまんま・・・、初日はお手上げでした。

まあ、二日目に花見(バエ)のタイが出たから、とりあえず、合格にしておきます。(^_^)

image033.jpg
(69cmで3550だったみたいです。悪っちゃんへお土産にして、さばく前に測ってもらいました。4キロあるかな?と思ったけど、全然足りなかったです・・・^_^;)

タグ

2013年12月26日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

真冬の浅海・カセからのグレ釣りの攻略法を模索

海信です。

12月20日も串本大島の大島フィッシングの浅海奥のカセからのグレ釣りに行ってきました。

当日は朝からみぞれは降ってくるし、その後に雨、雨が上がったら風速14mの風と、もう、めちゃくちゃな天気で参りました・・・笑

湾内カセの釣りなので、風はこれだけ吹いても仕掛けの投入とかは出来ますが、いかんせん、風が吹くと、厄介なものが顔を出してきます。それが・・・

隣のマグロの養殖生簀の係留ロープ・・・

ここ最近は、冬型が強まった影響で、串本湾内の水温も明らかに下降線です。そのため、浅海波止側の捨石を狙って釣ればグレは釣れると思いますが、養殖生簀の係留ロープが邪魔をするので、狙ったポイントに仕掛けを入れることが出来ない・・・なんて、状況が続いてます。

条件が揃えば、まだまだ釣れるはずですが、ここ3回ほど暴風の中を釣って色々なことが解ってきました。今回はそれをシェアしようと思います・・・

image025.jpg
(終了間際に風がやみ、潮が波止に平行にゆったりと流れて、「この潮が来れば、まあ、グレは出る!」と思っていたら、なんとか1枚拾うことができました。1時間早くその状況になっていれば、もう2、3枚は出せたはず・・・悔しいですねぇ・・・笑)

タグ

2013年12月21日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

強風に参りました。。。浅海のカセ釣り

海信です。

12月12日と13日の二日間の日程で、串本大島の大島フィッシングのカセにグレ狙いで釣行しました。

冬型が強まったタイミングでの釣行で、「浅海カセのグレ釣りは、強い北西が吹くと、どういう感じになるんだろう・・・」と、興味本位で釣行しましたが、やっぱり食わなかったです。

太平洋側の表磯の釣りなら、冬場の北西は、黒潮が近づくことがあって、このため、水温が若干上がり気味になって、「吉」と出ることがあります。

なので、、北西がシッカリと吹くときは、多少釣り辛くても気合で釣行することが多いんですが、「湾内カセのグレ釣りに、その常識は通用するのかどうか・・・」、それが知りたかったわけで、突撃しましたが、見事に敗れました・・・笑

初日は、アタリなし、二日目は、ウキに出たアタリは2回です。(イガミはアタリが無かったです。仕掛けを回収したら付いてた・・・^_^;)

エサトリの反応はボチボチありましたが、マキエサに反応している感じはなく、通りすがりのグレが2匹ほど食ってきた・・・って感じでした。

湾内カセのグレ釣りって、梅雨から秋がメインの釣期とは聞いてましたが、なんとなく、感覚的に解った気がします。

今後は、春まで磯釣りメインで釣行しますが、合間に浅海のグレ釣りも挟んで、冬場の攻略法なども、模索しようと思います。(^_^)

image020.jpg
(アタリは少ないですが、当たったら、型はイイ・・・。天候が良ければ、もう少しアタリも出せると思いますが・・・)

タグ

2013年12月14日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

青物狙いに嬉しい外道の良型ヒラメ

海信です。

12月5日も大島フィッシングのカセ釣りでグレを狙って釣行しました。

前回の釣行では、アジをエサにした青物狙いの置き竿でバラしがあったので、今回は、キチッとした道具立てを構えてのぞみましたが、この道具に65cmのヒラメが食いついてきました。

重量はどうですかね?3キロはあると思いますが、「寒のヒラメ」と言うことで、美味しいでしょうねぇ・・・。かなり値打ち物と思います。(^_^)

ただ、この日の夕食は、藤田渡船(古座)の西川船頭の所に行ったんですが、常連の井上さんが来ていて井上さんが採取してきたカメノテを肴に一杯飲まして頂いたんですが、あまりに美味しかったので、お礼にと、井上さんにこの日釣ったヒラメ上げちゃいました・・・笑

まあ、自分で食べるのは、また釣りますから・・・(^_^)

image013.jpg
(サイズは65cm、肉厚で、かなりのものと思います。友人には魚拓も勧められましたが、この程度のサイズで満足はしたくないので、お断りしました。このサイズのヒラメは初めて釣りましたが、「俺の釣り」では、これも、ただの通過点でしょう・・・笑)

タグ

2013年12月 6日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

グレのズボ釣りに最適な穂先の考察

海信です。

12月1日に続いて、翌2日も浅海奥のカセでグレを狙ってみました。

前日は一日中ぶっ飛んだ潮も、この日は、朝からゆったりとした流れで、グレ釣りにピッタリの潮が一日中流れていました。

ただ、浅海中ではイルカが跳ね、イルカに追われたのか、アジやメジロが浅海奥に入ってきて、青物が入ってきては、グレの活性は思うように上がらない・・・、そんな一日だったと思います。

朝一番で釣れたアジをメジロがバシャっとやったタイミングで、グレ釣りの仕掛けのままつけて放り込みましたが、一発で当たって、一発でサルカンの結束部分からすっぽ抜け・・・(あらら・・・^_^;)

隣のカセは、次の時合いでヨコワが当たったみたいで、60mのフロロの5号を全部取られて、下糸との結束部分で吹っ飛んであらら・・・

「青物だけ狙っていれば・・・」とは少し思いましたが、これが「串本のカセ」でしょう。(何が来るか解らんですねぇ・・・)

青物がいなくなったタイミングでグレはそこそこ口を使ってくれましたが、朝一番での青物のバラシを一日引きずって、気分がイマイチの釣行になってしまいました。

次回は、青物をシッカリ狙ってみようと思います。(^_^)

image006.jpg
(グレは8枚の釣果ですが、バラシがあっては、30点ですねぇ・・・)

タグ

2013年12月 3日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

潮がぶっ飛んで二枚の釣果で撃沈

海信です。

12月1日も、大島フィッシングの浅海奥のグレ釣りに行ってきました。

この日は大潮で潮が流れすぎる懸念がありましたが、マトモに、この心配事が当たってしまいました。

ただ、流速の早い中を釣るのに、「PEラインの細いラインを道糸に使用してはどうか?」とか考えていて、これは試してみる絶好の機会となりました。

が・・・

いくら細くても、ズボ釣りにPEはダメ・・・(^_^;)
嫌ってほど、理解できました・・・笑

まあ、新しく揃えたリールとPEラインは、串本はタイ鯛の魚影の濃い場所だし、鯛カブラとかひとつテンヤとかで使うことにします。

それにしても、一日中時合いらしい時合いも無く、久しぶりにお手上げでした・・・

image001.jpg
(昼前の潮止まりで何とか2枚食わせましたが、それ以外は、全くのお手上げの潮でした・・・。まあ、こういう日もある・・・と・・・とほほ・・・)

タグ

2013年12月 3日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート