2013年11月の記事一覧

沖側のカセで良型交じりで10枚の釣果

海信です。

11月24日も串本大島の大島フィッシングにグレ狙いで釣行しました。

大島フィッシングのグレ釣りは、「浅海奥」のカセを使用しますが、カセが二台並んでいて、浅海波止側に位置するカセと、その後ろ(沖側)に設置されたカセのいずれかで釣る事になります。今回は沖側のカセに乗りました。

沖側のカセでマトモにグレを釣ったことが無い僕は、「ここを何とか攻略したい・・・」と考えていたし、ここ最近は、波止側のカセから波止向きにウキ釣りで狙って好調な事も解っていたので、「これは苦戦は必至かも・・・」と思ってました。

しかし、「沖側で底狙いなら良型が狙える・・・」と前向きに考えて、「波止側を攻める事は、この日は忘れよう・・・」で、前日から作戦を練りました。

この日の潮は、一日を通して良潮で底のシモリに付いているグレの活性が上がったタイミングをどう見切れるかどうかがポイントだったと思います。うまい具合に10枚の釣果を得ることができました。

しかし、もう少し上手なら、後3枚は出せたはず・・・まだまだ不満です。(笑)

ゆっくりするのと、満足するのは、死んでからでも遅くないし、まだまだ、もっと釣れる人になりたい・・・。毎日思ってます・・・笑

image020.jpg
(上の段が45cm前後で4枚、下が32cmから42cmまでって感じでしょうか・・・まあ、浅海のグレは体高もあって、肉厚なので、総重量で10キロあるなしってところですね・・・)

タグ

2013年11月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

パターンを変えて12枚の釣果

海信です。

11月21日も串本大島の大島フィッシングの浅海奥のカセにグレ狙いで釣行しました。

前回の釣行では、グレはいるにも関わらず、上手に口を使わせることができなかったと悔しい思いをしたので、今回は、ここ最近の状況に合わせる形で、ウキやハリスの長さなどに変化をつけて釣ってみました。

朝一番の時合いは、これがハマってサッサと7、8枚は釣ったでしょうか。その後、有効な潮が来なくて、散発で数枚追加して、終わってみれば12枚の釣果でした。

ただこの日は、12枚で上出来とは全然思えない良潮の日で、針ハズレなどもあったし、食い込ますことができないアタリも結構あったので、もう少し上手であれば、まだ5枚は追加できたと反省してます。

前回は食い渋りが顕著で、「ハリスを落とさないと食わないか・・・」とか思いましたが、「落とす前に、まだ出来る事はあるはず・・・」と思い直して、色々とやってみました。

一番欲しいターゲットは55cm、3キロオーバーのグレです。絶対にいると確信しているし、取れない仕掛けでの勝負は避けたいし、掛けても切られるのは、愚の骨頂とも思うので、ハリスを落とすのは、最後の最後の最後が僕の信条を再確認しました。(ハリスを落とすのは、死んでからでもイイとさえ思ってます・・・笑)

一人くらい、僕みたいなアングラーがいてもイイと思います・・・笑

image017.jpg
(型は少し不満ですが、狙い通りの釣りが展開できる時間は、アタリは頻繁に来ました。まあ、口太グレは、数釣って良型にアプローチして、その延長線上で大型をゲットするのが基本かな?と思ってます・・・)

タグ

2013年11月22日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

太仕掛けが裏目に出て3枚だけの釣果でした

海信です。

11月18日も大島フィッシングの浅海カセのグレ釣りに行ってきました。

浅海カセではグレの大型狙いがメインの釣りのため、「仕掛けを落とさない釣り」を展開してますが、今回は、これが裏目に出たと思います。

アタリはあるけど、強烈に食い渋ってかなりチャンスを逃した気がします。

寒の時期の磯のグレ釣りにも僕は精通しているので、この日のグレが食い渋りの状態である事は解ってたんですが、無理やりでも4号のハリスを食わせに行って大失敗・・・(^_^;)

調子の良い時なら、深めのタナにゴツイ道具を入れて、ゴツイのが当たるんですが、この日は上ずって、しかも食い込まない・・・

針を落とすのすらためらって、こっちの言い分を最後まで通しましたが、結局3枚釣っただけに終わってしまいました。

この日は特に「オモリを嫌っている」のが顕著で、持参した道具は0.8号が一番小さな号数だし、どうしようも無かったです。(笑)

次ぎは円錐ウキを持ち込んでフカセスタイルでチャレンジしてみようと思います。(多分、食わせられると思います・・・笑)

image015.jpg
(最後の最後に45cmクラスをゲットですが、4時までの釣りで3時40分に高切れでバラしを食らった後に、爆速で仕掛けを作り直して45分にアタリを拾って、3時50分には魚を〆てました。時合いになるとスピードには自信ありますが、もう少し早く当たって欲しい・・・笑)

タグ

2013年11月19日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

浅海のグレ釣りの仕掛け

磯釣りのグレ釣りならターゲットが口太グレの場合、2号以上のハリスを使用する人は、かなり少なくって来ていると思います。

僕も30代の頃は、「グレはハリス1.5号で食わせて・・・」なんてやってました。雑誌などで見た名人名手の仕掛けをそのまま信じて使用して、それなりに結果も出てましたが、切られることが多くて、「太いハリスで食わんのか?」とかずっと思ってました。

この歳になって、結構な数のグレをこれまで釣り上げましたが、ハリスは確かに、細くした方が食いがよい場合もありますが、こういうのは、潮色が澄んでいて波気が無い時などで、潮が濁っていて、風が適度に吹いていて、波気があって、しかもタナが深い・・・などの条件があると、4号が5号でも6号でもグレは食ってくることが解ってきました。

ただ、針は余り大きなものを使用しない方が食いは良いと思います。

浅海カセのグレ釣りは、カセからのグレ釣りなので、細い仕掛けで楽しむのもイイとは思いますが、狙いのターゲットは55cm、3キロオーバーのグレです。

千載一遇のチャンスを絶対にモノにしたいし、落としてもハリスは3号以下にはしない方針で釣りを続けています。

image194.jpg
(こういうイイ型がメインなので、3号以上のハリスで思いっきり引っ張りたい・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの釣り方(エサ、ウキ釣り、ズボ釣り)

浅海のグレ釣りは大きく分けて、ウキ釣りとズボ釣りです。

ウキ釣りは「ウキ釣り」と言っても、一般的なグレ釣りで使う円錐ウキのような軽い負荷で潮乗りの良いフカセタイプのウキを使用する釣り(横の釣り)ではなく、棒ウキを使って、タナをシッカリと釣る「縦の釣り」のウキ釣りです。

ズボ釣りは道糸ハリスをともにフロロカーボンを使用して、潮が飛んだときに完全フカセにも対応できるように準備しておくことなど、ご当地釣法にも対応力のある準備が望ましいと言えるでしょう。

また、おそらくですが、浅海波止周辺のグレがアオサを好んで食べていることを知っているアングラーは、かなり少ないと思います。実は、僕が偶然、浮いたグレがロープに付着したアオサを食べている所を発見して、「それならアオサを食うかしら?」と思って釣ってみたら、ビックリするほど釣れるわけです。

これまでアオサでかなりの釣果を得ている事は隠してきたんですが、本項でオープンにしようと思います。

現在、ボチボチとアオサのグレ釣りが流行の兆しです。(^_^)
ぜひ、本項を参考にして、良型グレの爆釣を楽しんでくださいね。

image180.jpg
(雨にも負けず、風にもめげず、浅海のカセでグレを釣りまくってます・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの装備

カセ釣りは「手軽な釣り」と言うことで人気も高いですが、常連のマニアたちは、実に色々な装備を持ち込む人が多いです。

僕は、メインの釣りが磯釣りなので、常に天候の急変による撤収を考慮して釣りを組み立てていた経験が長いし、どうも、「現場で店を広げる」と揶揄されるような、色々な道具を持ち込んで所狭しと色々な釣りをするスタイルは感心しない、あまりやりたくないのが本音です。

と言うわけで、真夏のカセ釣りでもパラソルも持ち込まないし、基本的にロッドケースすら持っていかないです。(ロッドベルトで竿3本から4本を巻いているだけ・・・笑)

まあ、「ランディングネット(タモ)は持参しようかな・・・?」と考えている所です・・・(備え付けのタモはあるんですが、とげが刺さったりするし・・・^_^;)

基本スタイルは、ロッドと小物入れ、それにクーラーボックスだけですが・・・

image172.jpg
(備え付けのタモで真鯛をランディング・・・)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの釣り具

浅海のグレ釣りでは、大型が狙えることから、あまり道具は落とさない方がお勧めです。

僕の場合、2013年の7月から通い始めて3ヶ月程度で累計釣果は100匹を超え、50cmが1匹、45cmから48cmの大型が全体の1割強、40アップで45cmに足りないサイズは全体の4割程度で、残りが30cmから39cmって所で、30cmに満たないコッパグレは、なんと2匹しか釣ってません。

通常であれば、コッパを釣りながら良型、大型にアプローチするのがグレ釣りの基本と思いますが、浅海の場合は、コッパを釣る方が難しい・・・とデータ的には、こう解釈することができます。

また実績では、55cmを超える超大型も確認されていることから、浅海のグレ釣りは、メインターゲットを超大型グレに絞って釣行を繰り返すことがお勧めです。

釣り方は、ウキ釣りとズボ釣りが二通りですが、ウキ釣りは浅海波止の捨石を狙ったり、アオサのような食い込みがあまり良くないエサを使用するときには効果的であると言えるし、カセの影に着くグレをピンポイントで狙うときは、3m程度の短いロッドを使ったズボ釣りが勝ります。

僕は、これらの条件に対応するために、磯竿と海上釣堀用のロッドを持ち込みますが・・・

image165-1.jpg
(メインロッドの「かまかつ海上釣堀グランドスペック3.8」とシマノBB-X SZ1.2号です。この他、グランドスペックの3.3mとBB-X SZは1.7号も持ち込んでます)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣り

海信です。

最近通っている浅海のグレ釣りについて解説します。

4回のシリーズで、それぞれ・・・

こんな感じで解説していきます。

50センチオーバーも夢では無い浅海波止のグレ釣りは、カセからのグレ釣りなので、磯釣りのグレ釣りとは大いに異なります。具体的には、磯からのグレ釣りがフカセ釣り(横の釣り)であるのに対して、カセからのグレ釣りはウキ釣りかズボ釣り(縦の釣り)で釣ります。

縦が横でも横が縦でも釣れない事は無いですが、ここはマニアックに、ご当地釣法に一味つけて自分の釣りにしたいし、穂先が舞い込むズボ釣りはそれなりの面白さはあるし、棒ウキを使用したウキ釣りは前アタリなど、面白くてワクワクドキドキすることも多いです。

また、浅海波止のグレ釣りは、ネットに出回っている情報が少ないこともあり、僕自身、通い始めた時に、色々な情報検索をしましたが、とにかく解らないことが多い・・・

なので、自分で情報展開をすることにしました。(^_^)

ぜひ、マニアックな浅海のグレ釣りを楽しんでくださいね。

image192.jpg
(手軽の楽しめるのも浅海のグレ釣りの魅力と言えるでしょう)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

潮がぶっ飛んで大苦戦!4枚の釣果でした

海信です。

11月14日も、串本大島の大島フィッシングにグレ釣りに行ってきました。

この日は、僕以外にも一人お客さんが来てましたが、僕のブログを見て「一回、浅海のカセでグレを釣ってみたい」と思われたそうで、大阪からのお客さんでした。

こういうのが、実は、僕は一番嬉しいわけです。自分の釣りが人様に影響を与えて、それで、色々なところに効果をもたらせる・・・

「よっしゃっ!」と気合は入ったし、モチベーションは一瞬でマックスになりました。こうなったら、釣って見せるだけではなくて「釣って魅せて差し上げよう・・・」と、まあ、こんなことまで思って釣りをしたからでしょうか・・・

潮はぶっ飛んで釣りにならんし、潮が止まっても魚は全然やる気がないし、昼までアタリらしいアタリもほとんど無かったし、完全ボーズすら覚悟しました。。。(^_^;)

手を変え品を変え、いつもの攻め方も変え、何とか4枚引っ張り出しましたが、ウキは二つなくなるし、この日の課題は出来なかったし、踏んだり蹴ったりでした・・・笑

修行、やり直しです・・・笑

image011.jpg
(イガミがエエ型ですねぇ・・・。上のグレの骨で出汁をとって、このだし汁でイガミの鍋をやったら最高と思います。もちろん大阪からの初参戦のお客さんに獲物は全部進呈しましたが、イガミ鍋を楽しんでもらったら・・・と思います)

タグ

2013年11月14日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

状況は上向きか?浅海のグレ釣りで14枚の釣果

海信です。

11月11日も串本大島の大島フィッシングにグレ釣りに行ってきました。

今回の釣行では、「両軸リールを使用してのウキ釣り」と、「ロッド3本を切り盛りして釣ってみる」ことをテストしてみましたが、色々な利点や問題点とかが発見できました。

釣りのマニアを自覚する僕は、単に魚を釣るだけで満足すると言う事は卒業しているし、「自分らしい釣り」の追及をライフワークにしているので、色々なことをやってみるようにしているわけです。

「らしさの追求」は甘くはないので、一旦「この釣りをやるぞ!」って決めたら、とことん通いこんで底が見えるまで竿を振るわけですが、ご当地釣法やベテランたちの話など、全てを実践し経験した上で、自分らしい考え方や釣り方を加味して、一つの「釣法」として確立させたいわけですね。

偉そうに聞こえるかも知れませんが、「魚釣りは魚を釣るだけでOKなら簡単」と僕は思ってます。また、「釣って見せる」のは誰でも出来ますが「釣って魅せる」のは、その釣りの思い入れが無いと出来ないとも思うし、目指している所はここです。

まだまだ、先は長いです・・・笑

image006.jpg
(サイズがやや不満でしたが、最長寸で43cmって所でしょうか・・・。14枚と数は出ましたが、もう少し上手なら、まだ数枚はONできたと思います。なので、ナンか悔しい・・・笑)

タグ

2013年11月12日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

久しぶりの「3バカ釣行劇」で、あららの撃沈

海信です。

11月4日は、釣友の佐々木君が、「磯釣りに行きませんか・・・」と誘ってくれたんですが、先日の釣行では、カセ釣りでグレを20枚ほど釣っているし、悪っちゃんも誘ったら「行く♪行く♪」ってことで、悪っちゃんも「カセ釣りに行きたい・・・」だったので、佐々木君を、串本のカセ釣りに引っ張り込むことにしました。(笑)

まあ、僕と、佐々木君と悪っちゃんが揃うと、「3バカ釣行」と呼んで楽しんでいるんですが、初回が串本の新栄丸の真鯛狙いで撃沈・・・

(ちなみに、この釣行で、佐々木君が「不完全フカセ」なる隠し技?をひねり出して、真鯛をいっちょ釣ってます・・・笑)

2回目が、前回の寒の時期のグレ釣りだったと思いますが、古座に行って、大箱に乗った僕ら3人で出せたアタリが、確か、僕の28センチくらいのアイゴだけだったような・・・(^◇^)
(ブログの記事にすらなら無かった記憶が・・・笑)

「どうも、3人揃うとロクな事はない・・・」とは解ってはいるんですが、そこは、「今後は、何とかしたろうやないか・・・」で気合の釣行でした。

しかし、夜間の42号線はでは、「これを見たらボーズを食らう」って言う、デッカいタヌキはいたし、潮は、大潮で、渦を巻くほど変な流れだったし、朝一番の時合いで、何とか形にはしましたが、佐々木君が真鯛1枚で、悪っちゃんの40cmのグレ一枚と、まあ、つらい釣行でした。

僕は、30cmから45cmで4枚の釣果で、ここ最近の釣果では、最も悪かったかしら・・・
まあ、次の「3バカ」を頑張ります。(二人とも、やる気十分だし・・・笑)

image001.jpg
(とにかく、単純な僕は、釣れたら、本当に嬉しい・・・笑)

タグ

2013年11月 5日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート