2012年5月の記事一覧

ちょっとムラがあるかも?岸和田一文字のエビ撒き釣り

海信です。

5月26日は岸和田一文字へエビ撒き釣りで釣行して来ました。

そろそろバチ抜けなので、ハネがエビに口を使わなくなる時期ですが、ここ最近の岸和田一文字は明らかにバチ抜けで口を使わないような釣りになったり、そうかと思うと良型が連発で当たったりと、ちょっと読みづらい釣りになってます。(毎年の事ですが・・・笑)

この日はオダッチも来ていたので、一緒に中波止3番の北に入りましたが、朝一番の青イソメの流し釣りでキビレは来ましたが、エビエサに変えてからアタリは1発だけでした。

5月23日の釣行ではエサトリも無くエビでハネクラスまで食わしたんですが、3日で、全く状況は変わってました。

まあ、中波止は2番と3番でゼンゼン違ったり外向きと内向きはゼンゼン釣りが違うし、朝と夕方でも全く状況が異なることがありますから、3日もたてば、ゼンゼン変わっていても、ナンも不思議な事は無いです。

解っちゃいるんですが・・・(^_^;)

image167.jpg
(キビレの型は42cmくらいだと思います。今年はこのくらいの型が多いです)

タグ

2012年5月26日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート

バチ抜け調査釣行@岸和田一文字

海信です。

5月23日は天候も良好だったのでホームグランドの岸和田一文字へハネ、スズキ狙いで釣行しました。

前々日の21日の釣行ではハネクラスは全く食わなかったですが、季節的にはバチ抜け状態になっていてもおかしくないし、実際21日は、海面で反転する大型のスズキを目撃することもできました。

また、21日は、ボーズ風と呼ばれる東の強風だったので、東風が原因でハネがエビを食わなかったのか、あるいはバチ抜け状態だったから食わなかったのか、これが知りたくて23日は青イソメも持ち込んで早朝は青イソメでバチ抜けのスズキ狙い、日が昇ってエビ撒き釣りでハネ狙いの釣行計画を立てました。

最近は40cm前後のキビレもよく食っている中波止なので、「まあ、エビでボーズはないだろう・・・」と思っていきましたが、当たってきたのはハネクラスばかりで、バチ抜け時特有のハネがエビを食わない状態でもないことが解りました。

ただ、バチ(イソメ)やアブ新(アブラメの新子)がベイトになってきたようで、体力がかなり回復しているハネは、先月辺りに比べると引きがかなり強くなってきています。

まだまだ、楽しめそうな岸和田一文字のエビ撒き釣りですが・・・(^_^)

image162.jpg
(58cm、55cm、42cmで3本揃えましたが、針ハズレ、空振りもあったので、アタリの回数は結構ありました)

タグ

2012年5月23日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート

岸和田一文字へキビレ狙いで釣行しました

海信です。

5月21日はホームグランドの岸和田一文字へキビレ狙いで行って来ました。

この日は、金環日食で日本中が大騒ぎした日だったですが、同行の佐々木君に「金環日食って何時ごろ?」って尋ねると「さあ、何時って言ってましたっけ?」ってな感じで、僕ら二人とも空の上には全く興味が無かったようで、結局、日食には、全く気づきもしませんでした。(^_^;)

日食が岸和田で見られたのは7時半ごろですかね?この日のこの時間帯は、全く食い気が無かった時間帯で、「どうやってアタリを引っ張り出そうか・・・?」とか必死のパッチで考えていました。どうせ、釣れんのなら日食見れば良かった・・・笑

結局キビレの釣果は二枚だけでしたが、「ボーズ風」と呼ばれる東風のコンディションの中、アタリが出せただけでも良かったと思います。

image157.jpg
(サイズは40cm前後くらいのサイズでした、エビ撒き釣りでこの型なら、まあ合格と思います)

タグ

2012年5月21日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート

南紀勝浦清丸渡船でグレ釣りをして来ました

海信です。

5月17日は、南紀勝浦の清丸渡船にグレ釣りにいきました。

この日は大気が不安定で落雷や竜巻に注意・・・なんて天気予報でしたが、午前中は大丈夫と見て強行しましたが、昼前に雷が鳴り出して半無きにさせられました。(釣りをやっているときの雷ほど怖いものないです。カーボンロッド=避雷針みたいな物です・・・笑)

と言うわけで、昼前で上がりにしたわけですが、釣果はコッパグレが約50枚ほどで、30cm以上をキーパーとしている僕のクーラーに納まってくれる獲物は無かったです。(すべて放流しました)

まあ、二年ぶりに清丸さんに行ったわけですが、久しぶりの勝浦の磯は、「相変わらずコッパ多いなぁ・・・」でした。(^_^)

image151.jpg
(沖ヨセダの沖向きのポイントです。ハゲ島の次の沖側に位置するポイントで人気ポイントです)

タグ

2012年5月17日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

岸和田一文字でキビレ釣って来ました

海信です。

5月14日は、釣友の佐々木君と岸和田一文字へエビ撒き釣りに行って来ました。

13日の日曜日に釣友のオダッチから「中波止で吹っ飛ばされた・・・」って連絡が入ったし、磯は波が高そうだったので「オダッチが吹っ飛ばされたヤツ拾いに行こう!」で、岸和田一文字にしましたが、仕掛けを飛ばされるまでのものは当たりませんでした。

この日は、中波止2番に降りましたが、キビレの良型が遊んでくれました。

セイゴ、ハネは40cm~50cmが3本と少し貧果でしたが、早朝の東風に少し邪魔をされた感じで、風向きが変わって、かなり感じも良かったし、「まだまだ春のハネ釣りは楽しめます」と言い切っても大丈夫と確信しました。

image141.jpg
(水門の鉄管の下に逃げ込むキビレをガッチリ止める鱗海スペシャル・アートレータ1号!キビレは比較的引きが強いことで有名ですが、40cmくらいのサイズなら、ロッドのパワーだけで余裕です)

タグ

2012年5月14日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート

良型ヒラスズキ連発ゲット!

海信です。

5月6日は、釣友の悪っちゃんと二人で和歌山のホームグランドの古座の藤田渡船に行って来ました。

この日は、関東地方で大時化の影響でしょうか?和歌山沿岸の潮嵩が通常より30cm程度高くなっていて、迫力満点の磯釣りでした。

GWの最初の雨の影響で子サバが湧き、高い潮嵩でサラシが大きくなると言う条件が重なってヒラスズキをうまい具合に釣ることが出来ました。

一番大きな物は6キロ(86.5cm)だったですが、次に大きかったもので4.2キロ(80cm)、それと58cmから67cmまでのハネクラスを3本の合計5本の釣果得ることが出来ました。

全部で20キロ近く釣ったと思いますが、大阪湾のエビ撒き釣りでよー釣らんスズキを古座で・・・ってのが、なんとも・・・(^_^;)

まあ、僕、スズキ釣り(エビ撒き釣りですが)は若い頃専門にやっていて、生涯釣果は何トンでしょうか?(1年間で1トン以上釣った事もあります)

と言うわけで、僕がチョットくらいスズキ釣っても特に珍しい話でも無いです。。。笑

image127.jpg
(僕はルアーをやらないので、さすがにこのサイズのヒラスズキを釣ったのは初めてです。丸(スズキ)と比べると、ヒラの方がちょっと往生際が悪いですねぇ・・・笑)

タグ

2012年5月 7日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート