2011年10月の記事一覧

カン付きウキのテスト釣行をしてきました

海信です。

10月27日は先週古座の釣りに初参戦の佐々木君を誘って和歌山のホームグランド古座にまたまた行ってきました。

この日の僕は、11月の中ごろから本格的に始まる上物シーズンを前に、もう少しテストをしておきたい釣りがあったので、それを試して見ました。

具体的には、カン付きのマイナスウキを使用した釣りですが、天狗ウキのように固定で使用するのが良いのか、全層仕掛け(スルスル)にセットした方が良いのか、イメージはあったんですが、現実とのギャップを埋めるように色々とテストしてみました。

釣果は散々だったですが、カン付きウキの感触はつかめたし、このウキが使えれば、ウキのローテーションが仕掛けを切らずに出来るので、ずっと前から「使えるようになったらイイなぁ・・・」と思っていたので、内容のある釣行経験を積むことが出来たと満足してます。

この日は、比較的浅場の釣りメインでやったので、次くらいは、九龍島のような深場のポイントで試して見ます。

2011-10-42.jpg
(佐々木君も今日はちょっと苦戦!ただ、「サンノジと真鯛を釣って見たい」って言うこの日の目標は達成です)

タグ

2011年10月27日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

時化でも釣れる!古座の磯

海信です。

10月19日は、エビ撒き釣りでお友達になった佐々木君のお誘いで和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船と訪ねました。

今年の10月の古座は好調をキープしているし、「バキューン(大半が良型のサンノジかも・・・笑)も結構当たるよ♪」なんて話を佐々木君にしてたら、「ぜひ、一回連れて行って欲しい・・・」とのことだったので、16日に行った時に、その話を西川船頭にしてました。

19日は、通常では船は出せない波だったんですが、藤田渡船のご好意で船を出して頂きました。かなり厳しい条件でしたが、何とかチヌの良型を3枚ほど出すことが出来ました。

とにかく、佐々木君に当たって良かった・・・(^_^)

2011-10-33.jpg
(九龍島をバックにチヌを持って「ハイっ!チーズっ!」。悪条件下で立派でした)

タグ

2011年10月19日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座は水潮でも色々と当たる!

海信です。

10月16日は悪っちゃんのお誘いで、釣友のI氏を伴って和歌山のホームグランド・古座の藤田渡船を訪ねました。

この日は前日、前々日に結構雨が降ったみたいで、いわゆる「水潮」状態だったので、僕の読みとしては・・・

「あまりイイ釣りにはならないだろう・・・」

と思ってました。

悪っちゃんもI氏もチャンとお勤めをしている人なので、いわゆる「サンデーアングラー」です。当然、少しくらいの悪条件下も釣りにしないといけないわけで、まあ、「腕の見せ所」になるわけです。

僕の腕の見せ所は、アオブダイとかサンノジだったので、修行のやり直しになってしまいました。(^_^;)

2011-10-28.jpg
(悪っちゃん、37cmのグレ、アオブダイは僕が釣りましたが、代表で悪っちゃんが記念撮影です)

タグ

2011年10月16日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

石鯛釣りのエサ・メインはウニ(ガンガゼ)を使用します

石鯛のエサの種類は色々とありますが、代表的なエサとしては、ウニ、サザエ、サルボウ(赤貝)、カニ、ヤドカリなどがメインでしょうか?

(ザリガニとかも売ってますが、エサトリに弱そう・・・笑)

僕のホームグランドの古座は貝エサ場なので、本来はサザエを持っていくのが推奨ですが、やっぱり一番のんびりと底物の釣りをしやすいサシエは、エサ持ちが比較的良いウニだと思います。

春先にノッコミを狙うような時は僕もサルボウ使ったりするんですが、忙しいし、エサトリがうるさければ秒殺だし、その反面食い込みも良いはずですが、カンダイしか釣れんような気もするしで、あまり貝エサを使うのが好きでないです。

というわけで、ウニが大好きですが、参考にして欲しいのは、こういうアングラーサイドの都合やわがままで釣りをするとろくな事はないってことでしょうか・・・(笑)

次くらい、サザエとか持っていってみます・・・(^_^;)

image148.jpg
(ウニは、時折海水を入れ替える程度のメインテンスで長持ちします、ただ、30個くらいでもバッカンは40cmを使わないと入りません。図は、50個買った時の画像で活かしバッカンのでかいサイズに入れてます)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛仕掛け・根付けハリスと瀬ズレの作り方

「ケプラーの仕掛けはすっぽ抜けが怖い」と石鯛釣りのベテランが良く口にしているのを聞きます。

彼らは、「別に普通の首降り仕掛けでも、ナンボでも石鯛は食ってくるし・・・」って言うのを知っていると言うか、解っているから面倒な仕掛けを作るよりもシンプルな考え方、シンプルな仕掛け作りを心がけているわけですね。

まあ、僕も上物辞めて、底物一本で勝負するなら、多分こういう考え方になるとは思いますが、なんとなくですが、根付け(ケプラー使用)仕掛けで底物は釣行するようにしてます。

と言っても、「絶対に卦がある!」って確信したときのために、一応ワイロン(表面をナイロンコーティングしたワイヤーで柔らかいので食い込みが良い、らしい・・・笑)で作った仕掛けなんかもポケットには入れているわけですが、基本はケプラー+ワイアート(表面をケプラー繊維でコーティングしているワイヤー)の仕掛けで石鯛釣りはしてます。

この仕掛け作りをするときのキモは「絶対に抜けない仕掛けを作る」ってことです。また、ケプラーの根付けの話は、ジギングでアシストフックを作ったりする時にも必要な知識です。

と言うわけで、ぜひとも参考にして下さい。

image135.jpg
(パッスル天秤を使った瀬ズレに、ハリス部分はダイニーマノット(ケプラー)とワイアートです。作るのは結構めんどくさいです・・・笑)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛釣りの釣り具(ロッド、リール、石鯛ピトン)

石鯛釣りの釣り具はごっつい釣り具が多いので高額な商品が多いと思われるかもしれませんが、案外ロッドやリールは価格的には安いと感じる物が大半です。

上物竿なら、例えば1号のロッドが5万円なら2号になれば大体で6万円くらいの価格なります。要するに1号アップで1万円高くなるような計算と言えるでしょう。

石鯛竿って号数に直すとMH(ミディアム・ハードの略かしら?)で24号相当、Hタイプなら27号とかそういう号数になるでしょう。上物竿の計算で1号で1万円価格が跳ね上がるなら20万円以下のロッドはなくなる計算じゃないですか?

こう考えると、あまり高額な物を選ばなければ、6、7万程度で買える石鯛竿はかなり価格的には安く感じます。またリールも、その耐久性や馬力を考えれば、かなり安いと言えるでしょう。

まあ、めちゃくちゃ高額な竿受け(石鯛ピトン)とかもありますが、そういうのは専門にやっているマニアの方向けの商品です。僕に言わせれば6800円のポインターのピトンが結構使いやすかったりするし、どうやろ?10万円くらいで全部そろえる事は十分に可能と思います。

では、まずは石鯛竿の話から行ってみましょう!

image145.jpg
(振り出しの石鯛竿。収納がよい点と並継ぎに比べて軟調に作られている点が特徴的。これで70cmクラスでも十分止められると思います)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛釣り始めよう!

海信です。

2011年の秋もいよいよ本番と言うことで、僕のように南紀に釣行を繰り返している人は、「さあ、今年も始まった!」って感じを抱いている人も多いと思います。

秋の磯釣りといえば、グレは尾長グレが食ってくるし、和歌山ではイガミ釣りも盛んだし、エギングのアオリイカも忙しければ、もちろん底物でデカバンが釣れるのもこの時期です。

で、今回は、僕が夏から秋にかけて限定で楽しんでいる石鯛釣りについて特集を組もうと思います。

だた、底物は、あまりよー釣らんので、へっぽこ記事ですが、基本だけは押さえているつもりです。一度やって見たいと思われている人は、ぜひとも参考にして見てくださいね。

image143.jpg
(和歌山中心で底物はやるので、僕のスタイルの基本は置き竿釣法です。遠投はあまりしないし瀬際にマキエを利かせてやるスタイルです)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

秋の古座・連続で五目釣り

海信です

10月7日の秋のフカセ釣りをスタートしましたが感じが良かったので早速復習をやりに古座の藤田渡船を訪ねました。

前回は潮の感じは良かったし、まだ延長釣りも出来るし(今週いっぱいは大丈夫かしら?行く人は事前確認をして下さい)、スタートしていきなり謎の魚にぶち切られてカッカ来ているし、天気は良いし、「こりゃ、行っとくしかない・・・」と前日の夕方に釣行を決定しました。

まあ、僕の場合、釣りに行くこと自体「特別なことではない」ので、「行こう」と思ったら行くわけです。いつもこんな感じです・・・笑

2011-10-19.jpg
(この日は45cmほどの真鯛が出ました。信じられないかもしれませんが、タナ1ヒロで食ってきました・・・)

タグ

2011年10月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

秋の古座は怒涛の五目釣り

海信です。

ここ2回連発で底物でボーズ食らってかなり欲求不満でしたが、前回の釣行では悪っちゃんが隣で上物をしていて、上物では、かなり感じの良さそうなものを感じ取ってました。

10月7日は天候も良いし、入っていた仕事は、少し延期になったりしたので・・・

「どれ、一つ、上物の様子見でもしてやろうか・・・(^_^)」

なんてことにしました。(笑)

木端グレは入れ食いなので、めちゃくちゃアタリは取れました、かなり溜飲を下げることが出来ました。

2011-10-09.jpg
(グレはともかく、久しぶりにイイ型のイサギをモノにしました。39cmありました)

タグ

2011年10月 7日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

連発で撃沈・古座の底物

海信です。

10月2日は9月24日の釣行のリベンジとばかりに、「もういっちょ、古座で底物っ!」と気合を入れて釣行しましたが、猛烈エサトリの前に連発で完封負けを食らってしまいました。(^_^;)

「釣れないいいわけ」は絶対にしたくないと思ったので、仕掛けも入念に作りこみ(仕掛けのせいに出来ない)、マキエも大目に持参して(人が普段から入ってないのでエサが入ってないも言えません)、凪の日を狙って行った(うねりがどうとか流れがどうとか天候のせいに出来ません)わけですが、ホンマモンの完封負けでした。

「素質がない、釣りが下手・・・」

み、認めます・・・・(号泣)

2011-10-01.jpg
(薄ら笑いを浮かべて、自分自身に、「お前、もう底物、やめぇ・・・」と・・・笑)

タグ

2011年10月 2日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート