磯釣り・波止釣り・俺の釣り!

最新情報

今年は当たり年なのか?浅海のグレ釣り

5月27日、28日の二日間で串本大島の大島フィッシングにグレ釣りで釣行して来ました。

現在、浅海のグレは、どの渡船店も絶好調!で、流れが良好の時間帯で入れ食いに近いような状態に遭遇することが多いため、10枚から20枚くらい釣る人が多いです。

グレのコンディションもかなり良くなってきて、浅海のグレらしい固体になって来ました。(養殖のエサを食べるので肉厚で良型が多いです。45cmを超えてくると引きが強烈です)

昨年も一昨年も5月は不調でしたが、今期は絶好調で、「今年の浅海は、グレの当たり年かしら?」と思える感じです。

現在、ペレット(ネリエ)を使ったズボフカセの釣りに分があります。

エサトリはオセンがメインですが、対策については追記で言及します。


005.JPG
(「アオサのフカセ釣り」がメインの僕は、現在大苦戦を強いられてますが、何とか二日間で18枚の釣果で形にすることが出来ました。浅海のグレは結構釣ってますが、ペレットのズボフカセの釣りが苦手な僕は、今年も苦戦しそうです・・・笑)

タグ

2016年5月29日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

良潮が回って浅海のグレは赤丸急上昇

5月12日、久しぶりに串本大島のホームグランド、大島フィッシングにグレ釣りで釣行しました。

(串本)大島の湾内カセのグレ釣りは、夏場が本番なので、5月はまだまだ前哨戦の雰囲気の中ですが、様子見を兼ねて、12日の釣行となりました。

「まあ、2、3枚、顔が見れたらイイかな・・・」

このくらいの気持ちで釣行したので、道具もズボフカセの道具とか持ち込まずに、フカセ釣り(上物の道具)一本で行きましたが、予想に反して、潮色はにごりが入っているし、流れも朝一番は絶好の流れで、ここ最近の傾向と対策が解っていれば、20枚くらい出せそうな雰囲気すら漂ってました。

「何が何でも釣ってやろう!」と力むと潮は言うことを聞かないし、「今日は(グレの)顔が見れればエエし・・・」なんて思って行ったら潮は絶好と、こういう部分に、釣りの難しさを本当に感じます。(笑)

まあ、今期初の大島へのグレ釣りの釣行なので、小型中心ですが、10枚で良しと言うことにしておきます。

002.JPG
(全体的にグレが痩せてるし、小型が多いし、本来の大島のグレ釣りと、ちょいと違うような・・・。まあ、5月は、こんなもんですかね・・・)

タグ

2016年5月13日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

うねりの古座でヒラスズキ

3月22日、23日で、和歌山の磯釣りのホームグランド、古座の藤田渡船に行ってきました。

両日共に、天気予報では高気圧が広がって快晴の予報でしたが、22日は、東からのうねりが強烈で、おまけに西からの強風で道具を入れるのが精一杯。翌日は、午前中は前日同様のうねりでしたが、昼からはベタ凪と、ワケの解らない天気でした。

「高気圧が広がっても、冬型の西高東低とは違うので、うねりが取れない」(藤田渡船・西川船頭)

春の古座は、地寄りの磯でコッパグレやノッコミのチヌ、それに、真鯛などが狙えるわけですが、地寄りの磯は足場が低いところが多いので、妙なうねりで、そういう釣りはほぼ全滅。沖磯の大箱でじっと我慢の釣りになりました。

そんな中でも、ヒラスズキを一本取りましたが、これは色々な意味で評価できる一発だったと感じています。

追記で詳述します。

003.JPG
(今回はカメラを持参するのを忘れたので、自宅に持ち帰って、料理する前の写真でごめんなさい・・・。約70cm、目方は4キロあるなしでしょう)

タグ

2016年3月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

良潮が入ってブリは上り調子

12月8日、9日の日程で、串本大島の大島フィッシングにブリ狙いで釣行しました。

ここ最近は、80cm前後の良型メジロの釣果が目だっていて「少しサイズが落ちてきたか?」とか思ってましたが、8日の早朝に10キロクラスのブリサイズの時合いがあって、ナンとか納得サイズを2本ほど取り込むことが出来ました。

イワシエサで狙う大島のブリは、脂が乗っていて、体高があって、丸い体型が特徴で、腹身の刺身は格別です。今回のブリは、お世話になっている人に全部配りましたが、とても喜んでもらえました。(^_^)

しかし、8日の釣果は、全て早朝で、約40分ほどの時合いで5連発してきたわけですが、3発目と4発目が10キロクラスの連発で、5発目のメジロを取り込んだ時は息が上がりました。(腰に厳しいものも感じました・・・笑)

5連発くらいで息が上がるのは、体の使い方が下手な証拠で、また課題が見つかったと思います。

「大きな魚を、素早く、確実に、力まずに取り込む、大事なコツのようなモノが絶対にあるはず・・・」と思うと、まだまだ修行が全然足りないと、また反省です。(笑)

001.jpg
(最上段の2本はブリサイズですが、向かって右側(写真の僕の左手の下)のブリにご注目。背中部分はパーンと張っているし、尾びれの手前まで太いし、このブリは美味しいと思います。)

タグ

2015年12月11日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

外の浜カセ、ムラがあってもブリは好調

11月24、25日の日程で串本大島の大島フィッシングにブリ狙いで釣行して来ました。

当日は、前日まで天候はイマイチでしたが、24日は快晴で11月末であるにも関わらず半袖のTシャツ一枚でいないと暑いくらいの天候でした。(蚊もブンブン飛んでました・・・笑)

25日は風が出て防寒着でちょうど良いと、身体の弱い人ならこの二日間いたら寝込むんじゃないか?と言うようなすさまじい気候でした。

24日は早朝に良型のメジロクラスの時合いがあって、3本ゲット。

しかし、この後から、ブリの気配が全く無くなったので、ヒラメかコロダイでも・・・と思って底を中心に狙いましたが、エイのオンパレードでした。

結局、二日間でメジロは3本でしたが、エイは23枚と、何を釣りに行ったか解らんような釣行になりましたが・・・(^_^;

026.jpg
(最長寸は上段の90cmですかね。体高があって8キロって感じですが、下段の80cmクラスのメジロも、脂が乗って非常に美味しい個体でした。まあ、「ブリ」と呼ぶにはまだまだ小さいです。全部「メジロ」ですね)

タグ

2015年11月27日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

激熱!イワシでブリ狙い

11月12日、13日に串本大島の大島フィッシングの外の浜カセにブリ狙いで釣行して来ました。

天候は両日共に風は東風で結構吹きましたが、何とか雨には当たらずに済みました。(13日は昼から雨の予報だったので、12時納竿にしましたが・・・)

釣果は12日が90cm前後で3本、13日は型が少し落ちましたが、80cmオーバーで4本と、まずまずの釣果だったです。

イワシエサのフカセ釣りでチャレンジするこの釣りは、とにかく、「何が当たるか解らない釣り」でワクワク感がすごいです。メインターゲットは、今回ブリですが、ヒラメやマグロ、大型のコロダイや、季節によってはイワシ真鯛なども狙えます。

串本大島のカセ釣りの中では、最も激熱と思いますが、どうでしょうねぇ・・・笑

014.jpg
(12日、午前中は外の浜カセのブリ釣りで、昼から浅海奥でグレを狙ってみました。グレの食いは渋かったです)

タグ

2015年11月16日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

外の浜カセでブリ絶好調!

11月4日、5日、6日の日程で、串本大島の大島フィッシングにまたまたグレ釣りに行ってきました。

僕は自分の釣りの一つの節目として「大島のグレ釣り1000枚修行」をやっているわけですが、11月に入ったし、「おそらく、サイズは小ぶり(35cm前後)ながら、数は出るだろう・・・」、「今回は枚数を稼ぎたい・・・」と考えて、今回は大島入りしました。

ところが、初日の釣りを頑張っているときに、釣友から、「明日、ブリ釣りに連れて行ってくれ・・・」と連絡が入って、急遽二日目の午前中はブリ釣りに変更。

しかも、二日目の釣りではブリのアタリがそこそこアタリがあったので、三日目も「このタイミングを逃せないな・・・」と言うことで、半日ブリ釣りに変更で、結局、メインのグレは三日間で12枚しか出すことが出来ませんでした。(^_^;)

まあ、浅海奥(グレ釣りポイント)の潮もイマイチで、パッとしない感じもあったので、ブリ釣りをやらなくても、おそらく三日間でプラス10枚くらいのオンだったかも・・・とは思いますが、ブリのおかげで修行が台無しです。(笑)

外の浜カセのイワシエサの釣りは激熱なので、このカセに気配が出てくると浅海のグレ釣りどころでは無くなるので、まったく困ったものです。(笑)

006.jpg
(三日目の釣果です。ブリの呼ぶには少し型は不満ですが、大きいほうが95センチで9キロあるなし、小さいほうは90センチで、おそらく7キロ前後でしょう。10キロ(1m)無いので、当サイト(の僕の釣果)では、この程度は「良型のメジロ」と表現します)

タグ

2015年11月 9日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

良潮でグレは活発に

10月30日、31日の二日間で、またまた串本大島の浅海(奥)カセにグレ釣りに行って来ました。

二日間を通して中潮周りで早朝に満潮があり、満潮までの満ちの潮で食いが立って、「久しぶりに大釣りになるのか?」と思いましたが、満潮からの引きの潮では、二日間とも判を押したようにダメ潮が波止の潮抜き穴から吹きまくって、撃沈の時間帯が長かったです。

しかしながら、初日は、早朝の1時間で5枚ほど、二日目は2時間程度良潮が入って、この時間帯で10枚ほど出せて、何とか、全部で24枚の釣果を釣果台に乗せることが出来ました。

現在、水温も安定している感じで、流れさえマトモなら、入れ食いに出来るようなグレの雰囲気があります。

良い流れを引くことが出来るかどうか・・・ですが・・・(^_^)

001.jpg
(型は45cmが最長寸ってところですが、40cmを少し切るサイズが目立って、これが数釣れるのが、「秋の串本の湾内カセのグレ釣りの定番」です。やっと秋になった感じが・・・)

タグ

2015年11月 1日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

浅海のグレ、復調の兆しか

10月23日、24日の二日間で、またまた大島フィッシングの浅海奥のポイントにグレ釣りに行ってきました。

10月に入って不調の浅海のグレ釣りですが、23日は、久しぶりに良潮が回って、二桁の釣果を出すことが出来ました。

僕の統計データーで見ると、2013年の10月は2回の釣行で29枚(平均で14.5枚)で、昨年が5回の釣行で60枚(平均で12.0枚)と、「10月は平均的に数が釣れる時期」と言う認識でしたが、今年は8回釣行して43枚、平均で5.4枚と、例年に比べて、非常に調子が悪いと判断できます。

また、昨年は23回の釣行(滞在日数は36日)で、今期も先日の釣行が23回目(滞在日数は49日)で、並びました。

これで前年対比を計算したところ、釣果枚数では94.4%と、滞在日数を3割以上延ばしているにも関わらず枚数で21枚届いてないわけで、これは原因をシッカリと調査研究して次に繋げるべきと考えています。

メインの釣り方をフカセ釣りにしたのは良かったと思いますが、なにせ、ここまではアイゴ(エサトリ)がうるさかった・・・

014.jpg
(久しぶりに型の良いグレで数が出ました。この調子で、今年後数回はこなさないと・・・)

タグ

2015年10月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

ブリは好調、グレは不調

10月15日、16日、17日の三日間で串本大島の大島フィッシングにグレ釣りにまたまた行ってきました。

南の海上に台風はあるし、天候は晴天の秋晴れで、風や潮位などからも予測して、「かなりいけそう・・・」と思って大島入りしましたが、予想とは全く逆で、3日間を通じて大苦戦を演じることになってしまいました。

特に三日目の午前中は、潮位、流れ、風(風向、風量)、潮色など、「120%、グレは食ってくる・・・」って感じでしたが、大苦戦の末に30cmくらいのコッパが一発当たっただけで、「どうなってるやろ?」って感じでした。

これから秋が深まって、水温が下がってくる時期でもあるし、エサトリだけは元気だし、「少し水温が下がったかしら・・・」とは思いましたが、それにしても、状況がほぼ完璧だっただけに、少しくらいは釣れそうなモノが釣れない・・・。こういう部分が、「釣りは難しい」と言う部分でしょうね。

しかし、10月に入って、全然ダメです。一番数釣りが出来る季節なのに、この秋の大島のグレ釣りは、どうなるんでしょうか・・・

009.jpg
(上記の釣果以外に、超ド級のアイゴ(47cmで約1キロ700くらい)を一枚釣りましたが、グレがガンガン釣れそうな潮でアイゴが食ってくるって言うのが、そもそも「潮が悪いって状況かも・・・」と、少し思わないでもないですが、そういう言い訳は嫌いだし、意味無いので、「下手クソでした・・・」にしておきます。)

タグ

2015年10月19日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート