磯釣り・波止釣り・俺の釣り!

最新情報

浅海のグレ釣りパターン研究9・磯竿+両軸リールのグレ釣り

11月17日、18日の二日間で、先週に引き続き、串本大島の大島フィッシングにグレを狙って釣行してきました。

この釣行では、二日目が雨と言う事で、非常にタフな釣りになりましたが、初日に12枚、二日目に8枚(放流サイズは多数)と、一応何とか形にすることは出来ました。

今回の釣りでは、前回の釣りで偶然に手ごたえを感じた一つの釣り方がありましたが、それの再確認が思惑にあって、何とか結果が出せたのが収穫でした。(追記で詳述します)

いやしかし、いくら温暖な南紀とは言え、冬の雨はつらかったです。午前中は土砂降りに近い時間帯もあったし、潮は逆だし、トイレの中で1時間近く寝てました。(あの状況で、頑張って竿振れるほど、若くないです・・・笑)

しかし、浅海のグレは、なぜか土砂降りになるタイミングで良型の時合いになることが多いです。理由は謎ですが・・・

010.JPG
(最大サイズは、45㎝ってところでしょう。今回は、小型を極力避けるために、8号から9号の針をメインに使いましたが、それでも足の裏サイズ(約28㎝)にかなり邪魔をされました。先週から比較すると、食いはかなり渋かったので、状況に合わせて小針なんか使うと、てんてこ舞いだったでしょうね・・・)

タグ

2017年11月22日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

久しぶりの浅海のグレ・納得の釣り

11月9日、10日の二日間の日程で、久しぶりにグレを狙って串本大島の大島フィッシングに行ってきました。

大島フィッシングの浅海奥(グレ釣りポイント)では、「3年で1000枚の良型グレを釣る」と言う企画を2013年7月2日から始めて2016年6月20日までやりましたが、達成後は、しばらく串本大島の色々な釣りをやって、さらにグレ釣りを始めとした大島での色々な釣りの見識を深かめて行こうと思ってます。

先月から今月にかけては、須江のブリ釣りメインで釣行してましたが、ブリも今一つ食わなくなってきたので、「久しぶりにグレ釣りでもやるか」と言う事になりました。

当日は、「グレは、もうのんびりと釣ろう・・・」と思って現場に入りましたが、二日間共に絶好潮(ぜっこうちょう)で、こうなると、もう血が騒いで「のんびりと」なんてやってられません。笑

流れも良く、水温は安定していると見えて、エサ取りも活発。下層にグレ、中層には、良型のアイゴと、2日間で総重量40キロオーバーの釣果を得ることができました。

今回「必殺技」を出しましたが、追記で詳述します。運とタイミングが合わないと出来ないですが、浅海のグレ釣りに興味のある人は参考にして下さい。

001.jpg
(50㎝のグレやアイゴは、翌日来島の知り合いに差し上げることにしたので、カセにスカリで活かしておくため、持って上がりませんでした。プレゼント分はグレ5枚にアイゴ3枚で、写真は、36枚のグレと8枚のシブカミクラスのアイゴです)

タグ

2017年11月12日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

串本の沖釣り・メジロ好調

10月4日、5日、6日の日程で、串本大島の大島フィッシングに、ブリ、メジロを狙って3日間の釣行をしてきました。

先週までは、須江の湾内の掛かりでメジロを中心にブリクラスも混じってよく釣れていましたが、今週に入って湾外の出雲崎の双子沖辺りでも爆釣のようです。串本の釣り船が多数確認できたし、各釣船の釣果状況をウェブで確認しても、一船で4、50本が平均釣果のようです。

この釣りは、多人数でマキエをガンガン利かせるのがコツ。釣り方は、お祭りを防止するためにも、電動リールで一気に巻き上げの強引なやり取りがキモで、時合に釣れるだけ釣ってしまうような釣りです。

個人的に、釣りとしては完全フカセで1匹ずつ釣る方が面白いとは思いますが、しばらく、串本流のブリ、メジロの数釣りも勉強して研究材料にしたいし、回数を重ねるうちに、気づきもあれば、天秤の釣りの手返しの練習などにもなって、良い事がたくさんあることに気づきました。

と言うわけで、メジロが食っている間は、しばらくは、この釣りをやっていこうと思います。

001.jpg
(6日の釣果ですが、5日に釣ったものも混じってます。この二日間は、メジロが合計32本で、ブリクラスは出なかったですが、80㎝くらいの個体で太っているものは非常に味が良いです。今回釣ったものは、串本の居酒屋に持ち込んでしゃぶしゃぶにして頂きました。美味しかったです。笑)

タグ

2017年10月 7日

カテゴリー:沖釣り釣行レポート

須江の掛かりでメジロが好調

9月26日、27日の日程で串本大島の大島フィッシングにブリ狙いで釣行してきました。

今年の9月は仕事の関係で全く釣りに行けていなかったですが、「一回くらい行っておかないと・・・」で、何とか26日、27日に予定は入れていました。

予定は「イワシエサのフカセ釣りで、何でも良いのでデカいヤツと勝負・・・」と思ってましたが、ちょうどこのタイミングで須江でメジロ(ブリの幼魚)が当たりだしたと聞けば予定変更です。

ブリクラス※も、ボチボチ当たると言う事で、楽しみにして行きましたが、1本だけ、大型と呼べそうなサイズを出すことができました。

まあ、しかし、今年は、9月後半のこの時期から当たり出しましたが、水温がまだまだ高いこの時期では、小ぶりのサイズ(ハマチからメジロクラス)メインは仕方ないです。

しかし、ハマチの親分からメジロクラスがメインなら、数的には、この3倍くらいは釣らないと・・・(他船は釣っているわけだし・・・)

9本持って写真には納まりましたが2日分だし、「ナンで、こんな下手なんやろ・・・?」と、船頭と反省ばかりして過ごした二日間の釣りでした・・・笑

(※当サイトでは10キロクラス(1m前後以上)を「ブリ」と呼びます。6キロから8キロクラス(80㎝から90㎝くらい)を「メジロ」、6キロ以下(あるいは70㎝以下)は「ハマチ」、60㎝に満たないモノは「ツバス」と表現してます。)

001.JPG
(最上段の左に置いたブリは食しましたが、ブリしゃぶが絶品でした。脂の乗りはボチボチと言ったところですが、虫は入ってなかったし、須江のブリらしいブリで旨味が強烈でした・・・笑)

タグ

2017年9月30日

カテゴリー:沖釣り釣行レポート

激熱!イワシエサの<ファミリーフィッシング>

8月9日、10日の二日間で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りに行ってきました。

8月と言うことで、我が家も子供たちが夏休みなので、「お父さん、夏休みやし、たまには釣りに連れて行って!」

と言うわで、今回は子連れでファミリーフィッシングとなりましたが、次男坊(高校1年生)が大当たりで、ヒラマサ(85㎝、4.5キロ)、イズスミ(65㎝、5キロ)、コロダイ(75.5㎝、4.9キロ)、グレ(43㎝)、真鯛(チャリコサイズ2匹)で、一人で15キロ超の釣果を得ました。

長男(大学1回生)は超大型イズスミと一発勝負を目論みましたが、針外れによるバラシばかりで惜しくもボーズを食らいました。(エイと一発勝負できたくらい)

まあ、大学に入って、釣りに興味を持ち始めたようなので、「それならば、今回はボーズでも貴重な経験」。近々にリベンジに出向かせます。(^_^)

しかし、息子たちを連れて行ったので、今回は「ファミリーフィッシング」と表現しましたが、この違和感が妙に心地よいです・・・笑

004.jpg
(大型コロダイの引きは強烈です。グラスロッド(ODYSSEY Model AM 301・アルファタックル)に12号のフロロの通しで、リール(海魂2000T・シマノ)のドラグは7キロくらい掛けてましたが、楽しそうに伸されてました。笑)

タグ

2017年8月11日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

70㎝オーバーのイズスミ登場!イワシエサのフカセ釣り

7月31日、8月1日の日程で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りで大物狙いに行ってきました。

今回は、31日だけの一日釣行の予定でしたが、初日に上手に食わせることが出来なくて、翌日の1日も釣りをすることにしました。で、72㎝、6.5キロの記録物の大型を手にすることが出来ました。

今期の特徴としては、昨年とポイントが変わったこともあり、良型グレがエサ取りになっています。現在は、水の透明度が高いので、水深3mから5mにエサ取りの40㎝クラスのグレが数多く見えますが、中には55㎝(3キロ)クラスの大型口太グレがヒラを打つのが見えたりもします。

僕の今期の狙いは、10キロオーバーの超大型イズスミなので、グレを取りに行っては、釣りがブレるとみて、あえてグレは無視してイズスミの口元にエサを運ぼうとしてます。で、今回は上手い具合に70㎝オーバーが当たってきました。

「10キロオーバーって、そんなデカいのが本当にいるのか?」と疑問に思う人も多いと思いますが、時折ヒラを打つモンスター級の個体は、現実に見たらビックリするような、ド迫力のサイズですよ。

僕は、釣りに「夢」を求めることはありません。

持論ですが、夢って寝ている時に見るもので、夢を語る人の話は、確かに「眠い話」だと思うし、現実に見えているもの(デカいヤツ)を追っかけるのには、「寝ているヒマなんか無い」とさえ思っています。

なので、10キロオーバーのイズスミは、夢でも何でもないですよ。ゲットに向かって猪突猛進あるのみです。(^_^)

11.JPG
(下段左下のグレは47、8㎝はある個体ですが、このくらいのサイズのグレは水中に多数確認できました。せっかくのこのサイズのグレですが、大型イズスミ狙いの14号ハリスにタマミ針の22号で食わしたら、タモも要らないです・・・笑)

タグ

2017年8月 2日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り2017開幕

7月24日(月)と25日(火)の日程で、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りに行ってきました。

今回の釣行は、湾内の大型魚を狙う釣りを一日と、今年大フィーバーの潮岬沖のカツオ釣りを一日やろうと目論んでましたが、沖は波が高かったために中止にして、二日間ともイワシエサで大型魚を狙う釣りを展開してきました。

一昨年からこの釣り(イワシエサのフカセ釣り)にハマっている僕は、毎年、一つのテーマをもって釣行を重ねようと考えてますが、2017年型のこの釣りは「確率を上げること」をテーマにしようと考えてます。

具体的には、昨年までは、確立を上げるために「マキエ」と「サシエ」に重点を置いていたわけですが、今年は、「マキエ」、「サシエ」にプラスして、「寄せエサ」という概念を持ち込もうと考えているんですが、さあ、どうなるでしょうか・・・

マキエと寄せエの違いなど、具体的に話すと(書くとかな?)長くなるので、現時点では割愛しますが、効果が見込めた時点で当ブログで詳述解説をしようと思います。暫くお待ちくださいね。

いやいや、それにしても、8か月ぶりのブログの更新ですが、何をしていたかと言うと、仕事をしてました。(ちょいと忙しかったです)

ブログの更新が無い事で心配頂いてお電話なども頂戴したことなどもありましたが、ありがとうございます、元気でやってます。

これから、またガンガンブログを更新していきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

01.JPG
(開幕戦だったので、マキエと寄せエで魚を寄せること(飼い付け状態にすること)だけを考えて釣りにのぞみましたが、本命の一つ大型イズスミが当たってきました。コンディションの良い個体で、長寸は67㎝でしたが、目方は6キロクラスのメタボでした)

タグ

2017年7月28日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

激熱!イワシエサのブリ釣り、ついに開幕

11月1日、2日で串本大島の大島フィッシングにブリ狙いで行って来ました。

いやぁ、実は10月に入って、イワシエサのブリを念頭にした釣行をボチボチをやってたんですが、今年の串本大島のブリはちょっと遅れ気味だし、昨年の実績ポイントの外の浜カセでブリが当たらないなど、かなり手こずってました。(3回連続ボーズなどもありました・・・笑)

と言うわけで、10月はほとんどブログの更新も出来ませんでしたが、11月に入って、ようやく、ブリのポイントを見つけることが出来たので、久しぶりの釣果報告、そして、ブログの更新となりました。

今回の僕の釣果は、やや小ぶりだったので、メジロクラス(80cm前後)が5本ですが、翌日には、10キロオーバーの立派なブリサイズも出てます。

暫くは、過激に熱い釣りが出来そうですが・・・

001.JPG
(養殖マグロのエサの冷凍イワシのこぼれについているので、脂がタップリとのっていて、非常に美味なブリ(メジロ)です。ブリトロの刺身がイチオシですが・・・)

タグ

2016年11月 4日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究4

9月28日、29日の日程で、またまた、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りで大イズスミを狙って釣行して来ました。

今回は、初日に良潮でイズスミ4発に小クエなども当たってきて、好感触の釣りになりましたが、二日目の潮がパッとしなくて、ボーズを食らってしまいました。

まあ、色々な条件によって、釣れる日もあれば、釣れない日もあるのは、こりゃ仕方ないですが、釣れないなら釣れないで、「何か」を持ち帰るのが、俺の釣りでもあります。

今回のパターン研究では、現状でイワシエサのフカセ釣りのポイントになっている、赤灯前カセの「潮の流れ」について、色々なパターンを研究しましょう。

043.JPG
(60cmで、重量はどうでしょうか・・・、3キロ半ってところと思いますが、小さくてもクエは非常に美味な魚です。刺身に炙りに鍋と行きましたが、いずれも最高でした。笑)

タグ

2016年9月29日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究3

9月22日、23日の二日間で、またまた、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りで大イズスミを狙って釣行して来ました。

今回は台風の雨後なので、湾内の濁りを期待して現地入りしましたが、濁りはイマイチで、「これは前回同様に苦戦するかも・・・」と思いながらの釣りでしたが、ボチボチとアタリは拾えました。

両日ともにマキエに群がる大イズスミは確認できたし、二日目の朝一番は、5号のパワーフカセで止めきれずに、約20m走られてラインブレイクに持ち込まれる悔しい一撃などもあって、4枚の釣果にプラスして、課題と反省もクーラーボックスに納めることなると言う、まあ、ある意味、充実した釣行になりました。

いや、しかし、湾内の釣りで12号のフロロを、いとも簡単に吹っ飛ばされる釣りなんて中々無いと思うと、益々僕はこの釣りに燃えてくるんですが・・・笑

030.JPG
(最長寸は67cmで、どうでしょうか・・・、6キロは無いかも?ですが、パンチ力は強烈でした・・・笑)

タグ

2016年9月26日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート